読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お仕事等まとめ

一次創作、二次創作問わず。

上から順に新しいものです。随時更新してまいります。

寄稿等のご依頼がございましたら
以下のメールアドレスかTwitterにてお問い合わせください。
ktkrao1@gmail.com

 

以下まとめ。『続きを読む』からご覧ください。

 

続きを読む

電子雑誌『にごたな』の販売が始まりました

どうも片倉青一です。

タイトル通り、電子SF雑誌『にごたな』の販売が始まりました。
世界標準時で2月31日22時00分に発刊となりました。
2月中という言葉に嘘は無かった(不正は無かった)。

 

SF雑誌オルタナ増刊号 vol.2.5 [にごたな]edited by Denshochan』 片倉青一、雪車町地蔵、六畳のえる、解場繭砥、ヤミヲミルメ、にぽっくめいきんぐ著

 

拙著、遊星ジャーナル『大いに偉大なる重力の遊星』
を掲載して頂いております。

 

●あらすじ

一匹の猫と女子大生の二人は、新たに発見された遊星の報を受け、取材に出向く。
一匹と二人はその遊星で、重力を崇拝する集団に遭遇する。
彼らは、彼らの崇める中性子星ブラックホール化することを熱望していた。
逆立ちして「重力崩壊!」と唱えながら。

 

 

●書きだし

 人類が地球外の遊星へ行くために最低限必要なものは、猫と、小さな部屋である。部屋には扉が二つ必要で、うち片方には猫用の出入り口がなければならない。
 より具体的には、大学の片隅にある茶室でよい。茶室は薄暗い雑木林の中にあって、あちこち苔むしていて、ささくれていて、傾いていて、およそ侘び寂びという概念を体現することについて、完璧なまでに失敗している。

 

それでは、二〇世紀懐古型スラップスティックSFをお楽しみください。

 

ご購入は以下からどうぞ。

 

BCCKS(推奨)
 BCCKS標準のリーダもありますし、好みのEPUBリーダを使ってもよろしいかと。
 PCで読む場合は Chrome Extension の Readium あたりがお薦めです。

bccks.jp


Amazon Kindle

 

Kobo

books.rakuten.co.jp

 

BOOK☆WALKER

bookwalker.jp

 

・Reader Store 

ebookstore.sony.jp

  

・ブックパス

www.bookpass.auone.jp

 

iBooksで読みたい方へ
 ①BCCKSにて『にごたな』の購入手続きを行う
 ②EPUBをダウンロードする(下図左下)
 ③ファイルを開くアプリを選択する際にiBooksを選択する
 ※ストアにも配信されるようですが、BCCKSより遅くなります

f:id:KtkrAo1:20170304195931p:plain

 

 

●謝辞

 今回の遊星ジャーナルの執筆にあたり、多くの方々にご助力をいただきました。

 まず、話の中核となった中性子星のイロハについてご教授くださった
 蒼天さん(@S_Slfgvm

 アイデア出しおよび査読にお付き合い頂いた
 マライヤさん(@Mariah_Bastet
 芦山さん(@ashiyama

 査読と校正にご協力いただいた
 風野湊さん(@feelingskyblue
 りんごさん(@acple
 フメイさん(@imi_humei
 きせいさん(@kisei_spr

 皆様のおかげで刊行の運びとなりました。

 この場を借りて御礼申し上げます。 

 

 

●余談:遊星ジャーナルについて
遊星ジャーナルは、とある公募向けにコツコツとプロットを組み上げてありました。
あとはストーリーをどうしようかなあと考えていたところ、
たまたま昨年の12月27日に電書ちゃんの公募告知

denshochan.hateblo.jp


を見て執筆を決意。

ストーリーのアイデア出しを12月中に終わらせ、
1月3日に蒼天さんのご教授を受けて執筆開始、
1月6日に書き上げた時点で15964字。
削減に削減を重ね、10999字に収めたのが1月10日(たしか)。

突貫工事にもほどがありますが、
事前にプロットを作ってあったこと、
なりふり構わず知人を巻き込んだこと、
これらが奏功して(お題不備だったにもかかわらず)、
審査員の方々全員から票を頂くことができたのではないかと思っております。


今回は『初代にごたなチャンプ』の称号を頂きましたが、
同じく選出された皆様のこれまでの活躍ぶりを拝見するに、
「うかうかしてるとそのまま消え去るな、こりゃ」などと痛感しております。

 

ヘール・ボップ彗星にならないよう今後とも書き続けていきますので、
どうかお付き合い頂ければ幸いです。

 

 

アイキャッチ用画像

f:id:KtkrAo1:20170214205511j:plain

WEB小説連載開始のお知らせ

どうも片倉です。
にごたなはもう少しお待ちください。

 

で、お待ちいただく間に架空戦記などいかがでしょうか。

 

kakuyomu.jp

 

『高校生たちが年に一度の天下統一を目指して合戦ごっこをする小説』
です。

ぶっちゃけると『信長の野望 現代版@島津家』みたいなイメージです。
薩摩の末裔がアレコレ頑張るので自顕流が活躍します(どういう理屈だ)。

ヘヴィファイトを参考にしたり、
参考文献を30冊ばかり買い込んだり(そして未だに買い足したり)、
自顕流を体験したりと、
色々やりながら書いております。

お付き合い頂ければ幸い。

 

ヒロインであり総大将でもある「祁答院雪窓」の家紋はこちら。

f:id:KtkrAo1:20170301213253j:plain

出典:武家家伝_祁答院氏

SF短編について続報

どうも片倉です。

先日ご報告いたしました以下の件につきまして続報です。

ktkrao1.hatenablog.com

 

書影が届きました。掲載許可を頂いたのでこちらでも公開をば。

 

f:id:KtkrAo1:20170214203536j:plain


ゲラを読みましたが、
『本気の小説見せてみろ』

のコピーは伊達ではありませんよ。

 

●配信について

BCCKS / ブックス
という電書販売サイトの他、
KindleKoboiBooks Store 等でも配信されるようです。

いましばらく、続報をお待ちください。

 

アイキャッチ用画像

f:id:KtkrAo1:20170214205511j:plain

ご報告:SF小説雑誌『オルタナ』の別冊に短編が掲載されます(予定)

こんにちは。片倉青一です。

先日、12月27日に
SF小説雑誌オルタナの別冊に収録する
短編小説を募集しているとの発表を受け、
元々ぼんやり構想していた物語を急遽短編として書き上げて投稿しました。
『遊星ジャーナル』という、
一匹の猫と二人の女子大生が惑星を旅して回る馬鹿SFです。
あるいはスラップスティック

 

denshochan.hateblo.jp

 

sfalterna.wixsite.com

 

そしたら何というか、いわゆる最優秀賞めいたものを頂いてしまいました。
(初代にごたなチャンプの称号を頂きました)

 

 

現在、刊行に向けてオルタナ編集の方々と作業工程を進めているところです。

初めて印税を頂けるお仕事ということでアタフタしておりますが、
良い作品をお届けできるよう、そして多くの方々の目に触れられるよう、頑張ります。
(積極的に売り込みかけていくぞという意)

 

刊行情報等、明らかになり次第ご報告いたします。
続報をお待ちください。

そして、刊行の際にはどうぞよしなに。

 

※2017年1月23日21時45分
 商業誌という文言を訂正。
 厳密には商業誌ではない(電書なので書店に並ぶわけではない)、
 とのことでした。
 BCCS、Kindle等、電子書籍サービスには配信されます。

 

相模原読書会+発表会!に参加してきました

こんにちは。神原/片倉です。

先日、1月21日に開催された相模原読書会+発表会にて
唯識論から見る古明地姉妹考察」と題してプレゼンを行ってきました。
練習の甲斐あって好評だったようです。

また、他の発表も大変に刺激的でして、
「東方で書けそうなことはだいたい書いてしまったし、
 そろそろ別ジャンルに移ろうかなあ」
などと考えていたところ、
「可能性まだまだあるじゃん。馬鹿なのか俺」
と、蒙が啓けたという感じでした。

ありがたいことにプレゼン資料が欲しいというお声を多数頂きましたので、
加筆して以下に投げてあります。

 

www.slideshare.net


質問などありましたらどうぞお気軽に。
メールでも結構ですが、Twitterの方が反応が早いです。

メール:ktkrao1[at]gmail.com
TwitterKanbaraKasa

 

また何か発表できることを思いついたりしましたら、
参加させて頂きたいと思います。
どうぞよしなに。

 

最後に、主催のあおこめさん、参加者の方々に感謝を。

twipla.jp

 

twipla.jp

C91お疲れ様でした&DL販売のお知らせ

どうも神原/片倉です。

C91お疲れ様でした。

1日目のみの参加でしたが、
色々な人と再会できて楽しゅうございました。
(お会いできなかった方々もいっぱいいますが、
 もはやこれはコミケの常なので…)

 

あ、そうそう。
パン山おにぎりさんの総集編に
小咄を一本寄稿させていただきました。
蓮メリです。(関係ないけどC93で蓮メリ小説出したいなあ)

 

委託はこちら。チェキ。

www.melonbooks.co.jp

 

 

さて、頒布していた最新刊『早苗の世界』のDL販売を
BOOTHにて開始しました。
EPUB、kepub、mobi(Kindle用の形式)、PDF2種を取り揃えてあります。
お好きな形式でどうぞ。

詳細は以下より。

kanbara-umbrella.booth.pm

 

来年には『まいのわ嵐』と含めてDLSite様にも
委託申請をしようかなと考えております。

(書籍版の委託の予定はありませんゴメンナサイ)

 

では皆様、良いお年を。

©青聿書房 Aofude Shobo